FC2ブログ

シュミッツ・ヅーリ

ガンプラ・AC・LBX等、気の向くままにプラモデルを作っています。

2021年早春日本橋プラモデルフェスタに「ハイパーファンクションLBXイプシロン」の作品名で参加していました。

日本橋プラモデルフェスタ

結果はRacingBAR100R賞を受賞しました。RacingBAR100R様誠にありがとうございます。
LBXが出せそうなコンテストはなかなかなく、また受賞もかなり久しぶりだったので嬉しかったです。

参加にあたり少し気になっていた2点を改修しました。
ひとつはアンテナに発見したピンホール埋め、2つめは胸部ダクトの隙間埋めです。

InkedDSC04640_LI.jpg

改修後
DSC05153.jpg
DSC05159.jpg
DSC05165.jpg

DSC05272.jpg
DSC05194.jpg
DSC05168.jpg
DSC05011.jpg


改修にあたって新たにムラマサを製作しました。

DSC05286.jpg

オプション武器各種ポーズも撮りなおしました。銃のポーズが気に入りです。

DSC05090.jpg
DSC05088.jpg
DSC05116.jpg
DSC05123.jpg
DSC05144.jpg
DSC05127.jpg


スポンサーサイト



完成です

DSC056951.jpg
DSC05578.jpg
DSC05571.jpg
DSC05585.jpg
DSC05596.jpg
DSC05581.jpg

頭部アップ
DSC05488.jpg
DSC05497.jpg
DSC05500.jpg
DSC05506.jpg

背中
DSC05509.jpg

ウーラノスガン装備なし
DSC05523.jpg
DSC05530.jpg
DSC05545.jpg
DSC05551.jpg

イプシロンと
IMG_2942.jpg
IMG_2946.jpg

塗装レシピ
白:クレオスフィニシングサーフェイサーホワイト7割+ガイアウォーカーホワイト3割
青:ガイアウォーカーブルー2
本体濃いめ黒:クレオス濡烏+クレオスウィノーブラック
武器薄め黒:クレオス濡烏
各部イエロー:フィニッシャーズレモンイエロー
ツインアイ及び武器ピンク:クレオス蛍光ピンクの上に薄くクレオストランザムレッドパール
背部ブースタークリアイエロー:クレオスクリアイエロー
コート:クレオスなめらかクリアー

ポイントは白にガイアのウォーカーホワイトを混ぜるとこですかね 劇中デジトニアスⅡは純白ではなくかなり緑がかっているのでうまくそれが再現できたと思います

以上デジトニアスⅡでした
Category :  LBXデジトニアスⅡ製作記
tag : 
前回イプシロンを製作しましたがダンボール戦機10周年ということで
それを超えるものを、と色々かっこいい機体デザインのLBXを探した結果デジトニアスⅡに着目しました。
いまだ誰の手によっても未立体化、機体が破壊されず残存する、という点も高ポイントです。

とりあえず資料がないと始まらないということでDVDを購入して本編キャプチャをとりまくりました。
冊子で設定資料がついてたのも大変助かりました。

デジトニアスの公式デザインとしてはこういうものです。設定資料などは掲載まずいとおもうので気になる方はDVDを購入してください。今なら安く買えます。
IMG_2376.jpg
IMG_2379.jpg

さて、たたき台ですが人形は顔が命ということで頭部から始めます。ぱっと見トリトーンのフェイスと目の形状が一番似てるかなとおもったのでまずぱっとつくったのがこちら
IMG_2368.jpg
IMG_2369.jpg

ここからいまいちいちがうという違和感を感じる箇所をパーツ交換、頭部はフェイスはトリトーンのまま頭部そのものはΣオービスのものに変更 腕はエゼルディをベースに、肩にオーディーンMk-2のパーツから切り出したものを接続、太ももはフレームにバルスパロスを利用し外装をダークパンドラのものに、胴体・足はゼウスですが胴体は大きすぎたので上下左右で幅詰め。
IMG_2380.jpg
IMG_2381.jpg
IMG_2382.jpg

さらにフェイスがどうにも鋭さにかける気がしたのでバル・スパロスに変更 バルスパロスはWARS特有の目をしているのでそこは無印・Wの目にエポパテとプラ材で変更修正 各部もエポパテとプラ材で形状を整えていきます
IMG_2403.jpg
IMG_2402.jpg
IMG_2401.jpg

そして一応形になったのがこちら
IMG_2406.jpg
IMG_2404.jpg

塗装の便利さをかんがえて各部パネルラインで可能な限り分割しています
IMG_2407.jpg

頭部製作すすめていきます 積み上げ式で製作しているので部分部分で段階的に丁寧に精度をだしていきます
時間はかかりますが最終的にそれが最も効率的だと判断しました とさかうしろの中空部分は後々双角鵜を接続するためにわざとあけてあります
IMG_2412.jpg
IMG_2410.jpg
IMG_2409.jpg

こめかみ部分にスジボリディティールをいれました。
IMG_2421.jpg
IMG_2417.jpg
IMG_2443.jpg
IMG_2444.jpg
IMG_2445.jpg
IMG_2447.jpg
IMG_2448.jpg

ベースができてきたのでまずは額角から製作していきます
プラ版をきりだして積層
真ん中だけ色が違うのはプロモデラーの岬さん方式でセンターラインを分かりやすくするためです
IMG_2542.jpg
IMG_2555.jpg

上部は塗装の都合上別パーツ化するために溝をほっています
IMG_2557.jpg

接続はネオジム磁石とプラ材の勘合でおこないます
IMG_2554.jpg
IMG_2548.jpg
IMG_2546.jpg

双角を製作します
微妙なカーブを描いているので曲線のシンメトリーを出すために曲がりを同じくしたプラ材を芯にします
IMG_2568.jpg

角内側の棘パーツをプラ材からきりだします
IMG_2567.jpg
3枚一組で1つの棘パーツを製作します
IMG_2573.jpg

双角本体も製作をすすめていきます
IMG_2569.jpg
IMG_2570.jpg
IMG_2572.jpg
IMG_2575.jpg
IMG_2577.jpg
IMG_2578.jpg
IMG_2580.jpg
IMG_2581.jpg
IMG_2583.jpg
IMG_2584.jpg

形状を整えていきます
IMG_2585.jpg
IMG_2586.jpg
IMG_2588.jpg
双角角部接続は真鍮線とネオジム磁石です
IMG_2589.jpg

頭部のパーツ分割はこのような感じに
IMG_2591.jpg

下腕をエンペラーM3に変更 つま先をエポパテでスクラッチ ここも真鍮線接続ではずせるようにしてあります
IMG_2611.jpg

背中に大物がつくので自立させるべく踵や足裏に釣り用の錘をつめこみます
IMG_2642.jpg
IMG_2643.jpg
IMG_2644.jpg

脚部はゼウスそのままでもいいかと思っていましたがよくよく見ると全然ラインがちがうのでプラ材をゲージにしつつエポパテで形状変更 分割ラインも変更します
IMG_2667.jpg
IMG_2668.jpg
IMG_2665.jpg
IMG_2703.jpg

ふとももも形状を設定画に忠実変更します
IMG_2702.jpg
IMG_2704.jpg

羽はファントムのものをベースに不要部分を切り捨て穴があいてるぶぶんをプラ材でうめます
IMG_2670.jpg

ブースターを製作します オーレギオンのパーツをベースにプラ材・エポパテで形状変更、透明パーツはUVレジンで複製します
IMG_2671.jpg
IMG_2672.jpg
IMG_2673.jpg

IMG_2676.jpg
IMG_2697.jpg
IMG_2700.jpg

肩パーツを製作します
このパーツもシンメトリーをだすためプラ材をゲージに製作
IMG_2736.jpg
IMG_2737.jpg

本体はだいたい完成です
IMG_2793.jpg

背中・サイドアーマー・リアアーマーも製作
IMG_2809.jpg

武器であるウーラノスガンをプラ材からスクラッチします
IMG_2820.jpg
IMG_2821.jpg

スコープはカスタムウェポンのエクスキューショナーから移植
IMG_2822.jpg

IMG_2824.jpg
IMG_2825.jpg

IMG_2833.jpg
IMG_2840.jpg
IMG_2835.jpg

サイズはエクスキューショナーを目安にしています
IMG_2842.jpg
IMG_2843.jpg
IMG_2846.jpg
IMG_2856.jpg

サフ画像をふいて製作記事はおわりです
IMG_2885.jpg
IMG_2878.jpg
IMG_2877.jpg
IMG_2882.jpg



















完成したLBXイプシロンですが、せっかくハイパーファンションで作ったのだからということで色々な装備をさせてみました。

イプシロンがイラストとなっているデータカードダスを買い集め画像映えしそうな3枚をチョイス。

選んだのは
①カレッカ・エッジ
②ペルセウスソード
③アサルトAR3

です。妖刀ヤタガラスも迷いましたがポーズが地味なのでやめました。

さて、まずカレッカ・エッジ
DSC04696.jpg
IMG_2279_convert_20201108143000.jpg
DSC04731.jpg
DSC04732.jpg
さすがハイパーファンクションということでかなり再現度高くできたのではないかと思います。

カレッカ・エッジの色の再現は苦心しましたが会心の出来です。

カラーレシピ
本体:クレオス ミッドナイトブルーの上にクレオス クリアブルー
ビーム部:クレオスフィニシングサーフェイサー白を薄く→クレオス蛍光ピンク→フィニッシャーズ?マルチレッド→クレオストランザムレッドパール→クレオス蛍光ピンク 様子を見つつちょくちょく間に蛍光ピンクをふいています

ペルセウスソード。
今更ペルセウスソードを作る羽目になるとは思いませんでしたw
キットのままでもいいかと思っていましたが、カードのとおり構えさすと刀身裏の肉抜きが丸見えになることがわかりプラ板でふさぎついでにシャープ化しました。
DSC04684.jpg
IMG_2278_convert_20201108142925.jpg
DSC04723.jpg
DSC04724.jpg

まあ特筆すべきことはないですね。カラーレシピはクレオススーパーファインシルバーとハーマンレッド。

最後アサルトAR3。射撃武器ということで珍しいですね。
ポーズが躍動的でかっこいいです。
DSC04718.jpg
IMG_2280_convert_20201108143028.jpg

こちらも合わせ目を消して銃口を開口した程度なので特筆すべきことはありません。

なんだかんだで色々遊べて楽しかったです。



製作記が長すぎたのでこちらでは1/1LBXイプシロンHF(ハイパーファンクション)設定画版完成画像のご紹介です。

まずはダンボール戦機ブーストパッケージ風の一枚から。
IMG_22581.jpg

ゲームキャプチャ中風の1枚
DSC04615.jpg

武器のイプシロングレイブは設定画同様かなり大きくボリューミーに作っています。
DSC04631.jpg
DSC04622.jpg
DSC04660.jpg

頭部アップ
DSC04640.jpg

サイド
DSC04633.jpg

バック
DSC04619.jpg

新旧オーディーンと
DSC04665.jpg

以上LBXイプシロンでした。とても満足していますがもうしばらく模型は触りたくないですね笑


プロフィール

FLspine

Author:FLspine
パチ組み星人。たま~に改造するけど完成まで時間がものっそいかかります。ポリパテ臭が弱点。

カテゴリ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR