FC2ブログ

シュミッツ・ヅーリ

ガンプラ・AC・LBX等、気の向くままにプラモデルを作っています。

ずっと気になっていたLBXでありつつもプラモデルキット化をまっていたイプシロン。
一向に発売されないので一念発起してスクラッチして作るか、となりました。

まずは製作のために資料集めから。
これはワンドリ君からもらった公式設定画で決着。
いつもはバリバリにアレンジしてしまいますが、今回はできるだけ設定画に忠実に立体化するという方針で開始しました。

もらった資料はこれ
設定画

ネットで調べたもの以上に解像度があり助かりました。ただこれも拡大すると詳細はぶれててわからなかったので細かいところは勘で補足という形に。

イプシロンはそれなりに立体化されている先達がいるので最後発の売りとして何かアピールポイントを考えなければならないと思いました。

それが
①設定画版
②HF(ハイパーファンクション)版
③電飾 の3つです。

既製品からパーツを流用できないかを考えてみましたが、結局はほとんどがスクラッチするしかないとの結論に至りました。
とはいえベースがあったほうがシンメトリーも出しやすいし楽ということでまずは全体像を眺めたたき台を考えました。
頭部は電飾の関係上パーツ構成が非常に使いやすいだろうと考えたAX-00 
胴体はデザイン的に近いオーディーン
手足は暫定的にAX-00(脛部はオーディーン)

そしてできたたたき台がこれ
IMG_2028.jpg
IMG_2026.jpg

まずはアイラインを設定画にあわせるべくツインアイ形状を改修
IMG_2031.jpg

側頭部パーツをプラ板をゲージにスクラッチ
IMG_2034.jpg

フェイスパーツをエポパテからスクラッチし下腕をアキレスに変更。肩パーツベースに30MMのポルタノヴァ指揮官型のものを採用。不要部分を切り飛ばしています。胸部と股パーツは1/144AGE1から流用。胸部は2個をきりつめて接着。股パーツはあまり意味がなかったです。
リアスカートはマグナオルタスから流用。
IMG_2035.jpg
IMG_2036.jpg
IMG_2039.jpg
IMG_2037.jpg

イプシロンの頭部の最大の特徴であるトサカをタミヤ2mmプラ板から切り出し。ひっじょ~~~~に硬かったです。
マジで。
IMG_2040.jpg
IMG_2041.jpg

ツインアイを電飾するのでHFオーディーンの要領でトサカにミライトを仕込むべく加工
IMG_2044.jpg
IMG_2045.jpg

ここからやや本格的な工作に入りました。
まずモチベーションを高める意味で頭部から仕上げることにし、アンテナ、額パーツをwaveプラ=プレートを駆使してスクラッチ
胸部や股部も地味に進めました。
IMG_2046.jpg
IMG_2050.jpg

トサカ裏のスジボリディティールもしっかり再現
IMG_2051.jpg

順調とおもいきやどうにも頭部形状がしっくりこない。原因は分かっていました。アンテナの形状です。
ただ作り直すのが非常に手間でこのまま進めてしまうか作り直すか非常に悩みましたが、人形は顔が命なので作り直すことにしました。
パーツ形状の特質上プラ=プレートで3段構成。
胸部もプラ材で形状出し。足は関節をペルセウス足に移植して採用。
IMG_2052.jpg
IMG_2054.jpg
IMG_2057.jpg
IMG_2056.jpg
IMG_2055.jpg

背中のブースターはペルセウスのものを基本としプラ=プレートで延長。
30MMのパーツを駆使してアキレスD9の背中パーツを介して接続。
IMG_2064.jpg
IMG_2063.jpg
IMG_2064a.jpg
IMG_2065.jpg

股部パーツを形状出しし下腕にノーマル版アキレスの腕輪をアーマーとして採用。
IMG_2067.jpg
IMG_2070.jpg
IMG_2070a.jpg

頭部が完成に近くなってきたのでツインアイをクリアパーツに置換。
レモンイエローとクリアイエローで作成してみてレモンイエローは電飾効果が薄くなってしまうのがわかったのでクリアイエローを採用。
IMG_2071.jpg
IMG_2072.jpg
IMG_2073.jpg
IMG_2075.jpg
IMG_2076.jpg
IMG_2077.jpg

フロントスカートをプラ=プレートでスクラッチ
IMG_2078.jpg
IMG_2079.jpg
IMG_2080.jpg

額から目につながるラインが設定画と異なっていたので斜めにきれいにつながるように修正
IMG_2088.jpg
頭部2


サイドスカートをプラ=プレートからスクラッチ。塗装の便利さを考えて赤いブースター部は別パーツに。小さい丸いパーツはコトブキヤの丸モールドⅡを組み合わせて製作。このパーツは塗装の便を考えて別パーツ化。
IMG_2085.jpg
IMG_2087.jpg

一度バランスを見るために仮の装備でポージング。
IMG_2081.jpg

サイドスカートのブースター部分をエポパテからスクラッチ。背部スラスターにエバーグリーンのスリット材でスラスター追加。ミネルバのパーツとプラ=プレート、30MMの股部関節を使用して背部下部スラスターを追加。
IMG_2089.jpg
IMG_2090.jpg
IMG_2091.jpg
IMG_2093.jpg
IMG_2092.jpg

最大の難関である脛部に着手。赤いパーツの関節部の際、設定画は前から見ると斜めに切り下がっているけども横からの画を再現するとそうはならないというトリック。特にHF関節が入っているのでなおさら再現が難しい。が、なんとかクリアしました。
同じものを左右でできるとはとても思えなかったのでUVレジンで基幹部を複製。膝アーマー・脛アーマーは左右それぞれエポパテからスクラッチしました。
IMG_2094.jpg
IMG_2096.jpg
IMG_2097.jpg
IMG_2098.jpg

膝裏も同様に悩みつつもクリアし複製。肩アーマーをポルタ指揮官型をベースにプラ材とエポパテでスクラッチ。赤い丸パーツはエルシオンのもの。ここと肩最外殻は塗装の便を考えて別パーツ化。つま先はエポパテでスクラッチ。
IMG_2102.jpg
IMG_2104.jpg
IMG_2107.jpg
IMG_2108.jpg

肩にエバーグリーンのプラ材でスラスター追加。背部スラスターもプラ材で輪郭を囲い。リアスカートはマグナオルタスのものを形状変更しブースター部をエポパテからスクラッチ。かかとも同様にエポパテからスクラッチ。
IMG_2112.jpg
IMG_2114.jpg
IMG_2115.jpg
IMG_2116.jpg

下腕に六角形状のディティールを追加。こんなもの8個もつくってられないので原型をつくってUVレジンで複製。
IMG_2117.jpg
IMG_2118.jpg
IMG_2119.jpg
IMG_2120.jpg

これにて本体はいったん仮完成。
武器作成にうつりました。
盾(ガーダー)はそんなに難易度が高いともおもえなかったので難しい方の武器槍、イプシロングレイブから着手しました。
HJのムック本をみても積層プラ材から削り出しとしか書いてなくて正直どうやって作ればいいか途方に暮れてたのですが、ブロック状に積み上げていけばなんとかなるのでは?と思い立ち製作開始。
IMG_2127.jpg
IMG_2128.jpg

そして・・・はい、完成笑
いやもうこれ説明できないですね。がんばってプラ材から作り出したとしかいいようがないです。
ブレード部はエポパテで原型を作りおゆまるでUVレジン複製です。パジコの宝石の雫のイエローを1滴だけ入れて着色しています。
IMG_2132.jpg
IMG_2133.jpg
IMG_2130.jpg
IMG_2131.jpg

このへんで辛抱たまらなくなって仮ポージング。👍
IMG_2136.jpg

そしてイプシロンガーダー製作へ。
ビームシールド部はΣオービスのものを切り詰めてベースに。他は全てプラ材からスクラッチ。盾基部のポッチはコトブキヤ丸モールドⅡのものです。
IMG_2152.jpg
IMG_2153.jpg
IMG_2155.jpg
IMG_2158.jpg

ビームシールド部をUVレジンで複製して全パーツ完成です。
IMG_2163.jpg
IMG_2167.jpg
IMG_2168.jpg
IMG_2169.jpg

9月末からスタートしてここまで約1か月。自分でも驚くほどのハイペースできました。

ここから地獄の表面処理にはいりました。表面処理回数は3回ほど。

そしていよいよ完成です。
DSC04615.jpg

塗装においてはオレンジ部の色に非常に悩みました。
というのもHJ作例はおもいっきりオレンジで塗ってますしゲーム中のキャプチャもオレンジ味が強く見えるんですが設定画をみると赤に非常に近く見えるという・・・。
色々オレンジと赤で調色してみた結果、あくまで私個人として納得できた色は赤に近いオレンジではなく、オレンジに近い「赤」ということでした。

塗装レシピは以下の通りです。

青:ガイアノーツ コバルトバイオレット
オレンジ:クレオス クリムゾンジェム多+オレンジ少々
シルバー:クレオス スーパーファインシルバー
黒:クレオス フィニシングサーフェイサー黒
黄色:ビーム部クレオスクリアイエロー 本体部クレオスメタルイエローの上にクリアイエロー
ツインアイ:クレオス クリアゴールド

イエロー部以外は全てクレオスなめらかクリアーでコートしています。
またツインアイやビーム部UVレジン等樹脂部は食いつきをよくするためガイアノーツミッチャクロン(暴論)を下地にぬっています。
相当長くなったので完成画像は別項目で。






















スポンサーサイト



プロフィール

FLspine

Author:FLspine
パチ組み星人。たま~に改造するけど完成まで時間がものっそいかかります。ポリパテ臭が弱点。

カテゴリ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR