シュミッツ・ヅーリ

ガンプラ・AC・LBX等、気の向くままにプラモデルを作っています。

Category :  玩具その他
tag : 
この記事はブロとものみ閲覧できます

IMG_0314_convert_20120520200534.jpg
IMG_0315_convert_20120520200551.jpg

リボルテックジェフティver.ZOEを小改造しver.ANUBISにリペイントしたものです。

この作品での製作ポイントは

①蓄光塗料でのエネルギーライン表現
②PVCへの塗装
②顔の改修

の3点です。

本体に関してはバリ取りや表面処理を行っただけでそのままです。

可動するPVC上への塗装ということで、ソフビ用としてイリサワさんから出ているVカラーを使用しました。

塗装手順は

表面処理→ミッチャクロン→Vカラースプレーシルバー→Vカラースプレー白→Mrカラー各色

としてサフの代わりにVカラーシルバーを使用しました。
ガシガシ動かしていますが、今のところ塗装剥がれはおきていません。
IMG_0253_convert_20120520200749.jpg

公式HPのジェフティイラストをイメージ目標に頭部の修正を行いました。

具体的には以下の2点です。

①バイザー上のフェイクアイを正面からみえる位置に
②しゃくれアゴをニュートラルに削り込み

頭部はフェイス以外に頭頂部や額フェイク部を削り込んでいます。

エフェクトパーツはクリアブルーを重ね色を濃くしています。
IMG_0182_convert_20120520200500.jpg
繧ク繧ァ繝輔ユ繧」謾ケ騾_convert_20120520200432

蓄光塗料はシンロイヒ社とアサヒペン社の物を併用しました。

両製品とも液状塗料でしたが、シンロイヒ製は蓄光性能は高いものの乾燥後の粉っぽさがかなりあり、アサヒペン製は液状で使いやすいものの蓄光性能で劣るという印象です。あくまで個人的主観なので実際の性能差はわかりません。

作業手順としては
塗装予定のエネルギーラインを全て深く掘りなおし、溝が埋まるくらいシンロイヒ製塗料をごっそり塗る
→アサヒペン製塗料を上塗りし粉っぽさを緩和!

蛍光塗料のようなきれいな塗面は無理でしたが、暗闇でかな~~り光るので満足しています。
自発光してくれるので楽で(←これ大事)楽しいです。

IMG_0226_convert_20120520200615.jpg
IMG_0227_convert_20120520200632.jpg
IMG_0214_convert_20120520200657.jpg
IMG_0215_convert_20120520200716.jpg
IMG_0293_convert_20120520201007.jpg
IMG_0330_convert_20120520200923.jpg
IMG_0269_convert_20120520200848.jpg
IMG_0249_convert_20120520200815.jpg
発光持続時間、蓄光性能等色々調べ「光る」という点においてはシンロイヒ製アクアグローが最も望む性能に近かったです。3本セットだったのでオレンジ等を選択し、可動狩人改造リオソウルの眼に使ったりしました。

アクアグローに限ったことではないと思いますが、注意書きにある通り白を下に塗らないと発光性能に大きな差が出ます。
白下地だと鮮やかな発光確認ができますが塗らないと視認が困難な程でした。

水性夜光ペイント(アクアグロー)各色 20g×3本セット(蛍光塗料/蓄光塗料/夜光塗料) 02P11May12



アサヒペンで使ったのは↓です。蓋にネイル用のような刷毛がついていました。

アサヒペン 夜光塗料4ML 若草色



可動狩人リオレウス男を改造して愛用装備を製作しました。
P1010701_convert_20120317012302.jpg
P1010716_convert_20120415010531.jpg
P1010700_convert_20120415015926.jpg
頭:リオソウルS
胴:リオソウルS
腕:ドラゴンS
腰:ギルドナイト
脚:ドラゴンS
発動スキルは心眼か見切りの弾かれ防止、耳栓、盗み無効だったと思います。

繧ス繧ヲ繝ォ髮ェ螻ア2m_convert_20120415010948
初挑戦したデジラマで画像加工に四苦八苦しました。
出来としては褒められた物ではないですが最初の一歩ということで思い出深いです。

P1010536_convert_20120415015820.jpg
この後手足に真鍮線をベースにした棘をはやし、ベルトを作り直しています。

P1010532_convert_20120415011519.jpg
ノーマルとの比較。
太もものボリュームアップと足首のリボ関節追加により脚の寸詰まり感と貧弱さを解消しています。
その他肩アーマーをパイプスプリング接続に変更したり喉アーマー?を薄くしたりしています。
ソウルを改造素体にしなかったのは単に当時入手しづかったからです。

P1010625_convert_20120415011703.jpg
P1010844_convert_20120415015352.jpg

頭部比較。各所をシャープにしていくイメージで。
アルテコ粉+シアノンを使用しています。

P1010655_convert_20120415011739.jpg
独龍剣蒼鬼の盾はエポパテでフルスクラッチ。
WAVE軽量をメインに、強度が欲しいところはタミヤ速硬を使用しています。

P1010877_convert_20120415011243.jpg
腰のギルナイ装備はゴム製なので自由度は高いです。装飾はゴールドフィニッシュの細切り。
画像では外してありますが、この上にベルトをしめます。
革を細切りしたベルトを何かの金属パーツを切り貼りして作ったバックルに実際に通してしめる形にしています。
銃ホルダーは食玩か何かのエメラルダスの物で銃は抜けます。

P1010873_convert_20120415011144.jpg
股関節新造と足首のリボ関節置換でかなり遊べるようになりました。

P1010832_convert_20120415015500.jpg
全員集合

今思うこと。レウス系装備なぜデザインかわった・・・・・・。
P1020059_convert_20120317005028.jpg

フィギュアーツ仮面ライダーオーズタジャドルコンボに複眼発光ギミックを仕込みました。
P1020052_convert_20120317010244.jpg

P1020042_convert_20120317010308.jpg
P1020097_convert_20120317010359.jpg
P1020102_convert_20120317010428.jpg
P1020122_convert_20120317010454.jpg

P1020142b_convert_20120317010148.jpg
P1020138b_convert_20120317010113.jpg
バイザーは薄く削りこみ再塗装。複眼にクリアオレンジフィニッシュを貼り付け。
電飾部品はマイクラフトさんのCR1220ボタン電池ケース及び砲弾LED黄色と赤を使用。
それなりの値段はしますが配線の強度がかなりある上、断線時のパーツ差し替えやLED色変えが容易なので重宝しています。
配線リード線は背中と後ろ首筋に切れ目をいれて固定しています。

許可を頂いておりますのでマイクラフトさん電飾部品に関してはリンク先からどうぞ。

P1020144_convert_20120317005108.jpg

PVに一瞬だけ出てきた赤発光タイプ
P1020146_convert_20120317004609.jpg
P1020165_convert_20120317004720.jpg
P1020187_convert_20120317004920.jpg

プロフィール

RDK

Author:RDK
パチ組み星人。たま~に改造するけど完成まで時間がものっそいかかります。ポリパテ臭が弱点。

カテゴリ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR