シュミッツ・ヅーリ

ガンプラ・AC・LBX等、気の向くままにプラモデルを作っています。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成しました。
IMG_5104_convert_20131012211314.jpg
LBXディアスティマ:所属不明機であるが、エンブレムマークからチェルノボーグ、強いてはサイバーランスとの繋がりが囁かれている。エクテレスフェイズという特殊機能を持ち戦場を蹂躙する。メイン武装はブレイドモードとブラスターモードの両形態を持つ炎銃剣ブレイジング・エッジ、氷銃剣フリージング・エッジ。

IMG_5121_convert_20131012211024.jpg
ノーマルモード
台座はファントム付属の台座を樹脂用染料SDNで赤に染め、円形のアクリル板に接着したもの。

IMG_5126_convert_20131012210959.jpg
ノーマルモードリアビュー。ウイングの基部はプラ材で自作しました。
あとはバーニア類で適当にデコレート。

IMG_5120_convert_20131012211053.jpg
フリージング・エッジ、ブレイジング・エッジのブラスターモード

IMG_5117_convert_20131012211124.jpg
正面からのブラスター

IMG_5114_convert_20131012211148.jpg
ブレイドモード。持ち替えなしでスムーズに変形が可能なようにいじってあります。

IMG_5115_convert_20131012211210.jpg
ブレイドモード正面から。

IMG_5131_convert_20131012210823.jpg
猛禽類ぽさが表現できているでしょうか。

IMG_5137_convert_20131012210857.jpg
LED非点灯。クリアレッドではなく普通のレッドで塗装してあるので点灯してなくても眼が暗いということはないです。

IMG_5136_convert_20131012210920.jpg
LED点灯。

IMG_4972_convert_20131012210532.jpg
エクテレスフェイズ発動。
ウイング及び大型ソードを展開。

IMG_4990_convert_20131012210603.jpg
胸部エングレービング。

IMG_4986_convert_20131012210635.jpg
腕部エングレービング。
クラウンのようなエンブレムは携帯用かなにかのデコパーツを流用したものです。

IMG_4987_convert_20131012210708.jpg
脚部エングレはガウンタ・イゼルファーの腕袖を流用。パイプスプリングで接続。

IMG_4980_convert_20131012210742.jpg
エクテレスフェイズリアビュー。
今回一番苦労したのは関節部ポリパーツの塗装です。
ミッチャクロン、ガイアマルチプライマー(=ミッチャクロン)、染めQ、Vカラーと散々試しましたが全部定着しませんでした。触ったりひねったりする程度なら全く大丈夫なんですが少しでもこすれると即アウト。塗装が駄目なら染めてしまおうと樹脂用染料SDNの赤でファントムのオレンジポリをつけてみましたが、微妙に濃くはなるもののぱっと見ではわからないレベルでしか染まらず。最終的には可動で干渉する部分を全てカットしてクリアランスを確保。ポリパーツを粗めのスポンジやすりで荒らしてマルチプライマー→クリアレッド→スーパークリアⅢで塗装しました。

IMG_5034_convert_20131012210407.jpg
今回はマジョーラ(アンドロメダⅡ)、マジョッコ(レッドゴールド)、伝説のクリアーといった塗料をはじめて使いました。エングレ周辺は粗が目立ちますが、下地処理は自分的には今までで一番手をかけたつもりです。
一液性ウレタンクリアーの伝説のクリアーは気になっていた塗料ですが、お手軽に素晴らしい艶がでますね。ただ塗膜強度はあまりない気がします。あと塗装時間が30分超えるくらい長くなるとノズルがつまりがちになりました。(口径0.3)まああまり欠点とはいえないですけどね。
以上でディアスティマは完成です。



スポンサーサイト
プロフィール

RDK

Author:RDK
パチ組み星人。たま~に改造するけど完成まで時間がものっそいかかります。ポリパテ臭が弱点。

カテゴリ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。